スキーウェアーが中津には売ってないよ~><

先日、群馬の友人と電話でスキー教室の話しをしていたら
私も無性にスキーをしたくなった。

ではでは、わたしのスキー人生を今日は
語っちゃおうかな(笑)

私が高校生の時
私の母と、母のお姉さん夫婦に連れられて
岩原(新潟)スキー場に泊まりで行ったのが
わたしのスキーデビュー。

母も若い頃、勤務していた職場の仲間と、都内から
夜行バスや夜行列車にのって
よくスキーに行ったらしい。

母は、若い頃はバスケット部だったし、旅行もドライブも大好きだし
私のおてんばぶりは母ゆずりかも。
ちなみに、パソコン好きは父ゆずり。

私は、20歳代はスキーに夢中になり
パパとパパの友人や
時には友人、職場の仲間
声がかかれば即スキー!!!
月2回のペースで
冬のシーズンは行ってたっけ。

まぁ、スキーは短い期間だけしかできないスポーツだけに
年間で数えれば5回~10回ぐらいだけどね。

そんな、生活が7~8年続いたかな。
まさに、バブル時代。
猫も杓子も関東ではスキーしてたっけ。

「わたしをスキーにつれてって」なんて
映画もあったぐらいだし。

お気に入りにスキー場は、ミーハーではあるが
苗場が大好きだった。

横に広いゲレンデが好きで
ナイタースキー時の
上から見下ろす苗場プリンスがきれいで
好きだったな~

ただ、苗場は男性陣には人気がなく、昼間行く時は
上級コースの多いスキー場に
連れていかれる。

ホント、みんなであちこちのスキー場に行ったなぁ~
20歳代後半は、サエラ(沼田)スキー場が多かったな。

群馬県からだと2時間もあればスキー場につく。

朝早くに、みんなで待ち合わせして
10人ぐらいの仲間で車2・3台でスキー場へ。

ユーミンやサザンききながら車を走らせたっけ。

30歳過ぎてから、ボードも数回チャレンジした。

スキーよりはボードの方が簡単。

でも、転ぶと派手なのはボードで
スゴイ青あざできてたっけ。

調子づいてスピード出すと、ボードは両足がふさがってる分
自由がきかなくて派手に転ぶから
地面にたたきつけられて
「あれ?肋骨おれたかな??」って
思った事もあったっけ。
流石に、身の危険を感じて、ボードは三回ほど行って引退。
30歳過ぎてのボードデビューは、無謀だったかも(苦笑)

でも、やりたい事は「やらなきゃソン・ソン」
「やらぬ後悔より、やる後悔」っていつも思って生活してるので
私のチャレンジは自分が死ぬまで続くのかもしれません(笑)

パパちゃんにはほどほどにって
いつも言われてますが・・・・

最後にスキーに行ったのは、息子が2歳の時の
草津(群馬県内)だけど・・・・ソリ滑りさせただけで
自分は滑る気も全然なくなっていたし。
私のウィンタースポーツは35歳ぐらいで幕を閉じた。

でも、子供にも、小学生のうちにスキーを一度は
経験させてやりたいと時々思う。

ただね、一式スキー用具を揃えると、スゴイ事に。

まぁ、ピン切りだとは思うが・・・・
子供用だと・・・・
スキー板・スキーブーツ・ウェアー・手袋・インナー等々一からそろえたら
5万~10万位はかかってしまう。

板やブーツはレンタルを利用するとしても
ウェアーだけは子供用を買ってやろうかなって思ってね。

セールで買えば、ウェアーも子供用なら5000円ぐらいから
群馬で売っていたからさ。

だから、来年行く事を前提に
今年のスキー用品セールを狙って来年のスキー用品を
買ってしまおうと思って
中津の地元のヒマラヤスポーツに行ったら

な・な・なんとスキー用品の取り扱いなし><

地元のショッピングセンター夢タウンに行っても
やはりなし><

大分県にも、スキー場があるから
スキー用品売ってるかと思ってたら全然なかったよ~><

やっぱり、中津は南国なのかもしれません!!!

ネットでもウェアーは売ってるけど
出来れば試着して買いたかったしね。

まぁ、そんな・こんなで
行く時は子供の物はウェアーもレンタルかな(苦笑)

むむむ・・・・肝心な事が・・・・

「え!?スキー????寒くて無理」

・・・・ってパパがつぶやいた。

スキーは若くないと出来ない事がよくわかったよ。

来年は再度ぱぱちゃんを口説いてみようと思う




【私をスキーに連れてって】





ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード
ナムコ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

ぶぶちゃん
2012年02月26日 11:58
えるくみさん、こんにちは。
確かに九州にもスキー場があるっていうのは他所から来た人には
驚きポイントで、自分もよく九州の寒さの説明をするときに
「スキー場もあるし北部九州は年に数回、雪も積もる」
と案内しています。
しかしながら、そのスキー場に行くかどうかは別物で
行ったことがない人が大半でそれ以外の人は滑るなら環境の整った
広島方面へ頻繁に行くって人に分かれます。
(広島にスキー場が10数箇所あるのも東日本では知られていませんが)

これって海無し県の海水浴の感覚に近いのかもしれません。
九州内のスキー場は内陸地域にとってのプールや川みたいな感じで、
あくまでも本場はこの場合、本州・北海道への旅行になるのかなと思います。

ではでは。
2012年02月26日 12:40
ぶぶちゃんさん、こんにちは

え!?この変だと、スキーに行くなら広島??
へぇ~知りませんでした。
情報ありがとうございます^^
確かに10カ所もあれば、お気に入りのスキー場が選べ
そうですね。
群馬は、今思えば、本当にあちこちにスキー場が
あったんだなぁ~ってつくづく思います。

この記事へのトラックバック